予算20万円のおすすめゲーミングPC

ゲーミングPCを買う予算が20万円になると一気にパーツ選びの幅が広がります。ハイスペックなグラフィックボードが選べるようになりますし、あるいはCPUを高性能にしたりメモリを16GBにするのもいいでしょう。

ただ逆に迷いやすくなるのが難点です。ゲーミングPCのパーツの選び方にはきちんとした優先順位があるので、どのようなパーツを選ぶのが正解か解説します。

20万円の予算配分

予算配分は細かいカスタマイズを含めると滅茶苦茶になるので、ここでは重要なパーツであるグラフィックボード、CPU、メモリ、ストレージの4つに絞ります。予算があまったらファンや電源ユニットをカスタマイズしましょう。

グラフィックボードはGTX1060かGTX1070

20万円の予算だとGTX1080搭載ゲーミングPCは買えません。サイトの表記を見ると18万円台のもあるのですが、それは税抜き価格です。税込み+配送料だと20万円を越えてしまいます。

つまりGTX1060かGTX1070の二択になります。CPUやメモリを高性能にするとGTX1070では足が出ます。ではGTX1060なのか?となりますが、私はCPUを妥協してGTX1070にするのをおすすめしたいです。

というのも、GTX1060とGTX1070とでは結構な性能差があるからです。高性能なグラフィックボードを選んだほうがゲーミングPCを長く使えるのは自明です。最優先に強化すべきグラフィックボードに予算を大きく配分するのが正解です。

CPUはCore i7-7700かCore i7-7700K

20万円のゲーミングPCだとCore i7-7700Kが選択肢に入ってきます。Core i7-7700よりも動作周波数が高く、ターボブーストによるクロックの伸びも素晴らしいものがあります。

けれどもCore i7-7700Kを選んでしまうとGTX1060でなければ20万円を越えます。本当ならCore i7-7700K + GTX1070をおすすめしたいところですが、20万円以下に絶対に抑えたいならCore i7-7700 + GTX1070にしましょう。

メモリは16GBで決まり

メモリ容量はCPUよりも優先してお金をかけたいパーツです。最新ゲームのなかにはメモリ16GBを推奨するものがいくつもあります。今後その傾向はどんどん強まるでしょう。

ゲームの配信や録画をするならなおさらメモリ容量が重要になります。なんだかんだ私も16GBにしていますし、最近はメモリの価格が安いので、ここは是非16GBにして欲しいです。

ストレージは240GB SSD + 2TB HDD以上

ストレージは20万円でも15万円でも一緒です。SSDとHDDを適切な容量で組み合わせえばいいだけです。実際20万円くらいで購入できるゲーミングPCのストレージ構成は240GB SSD + 2TB HDDみたいな感じです。

ドスパラの人気ゲーミングPCだと500GB SSD + 2TB HDDのようにSSDの容量が大幅アップしていることがあります。かなりお得なので容量アップのキャンペーンをしているゲーミングPCが狙い目です。

20万円のおすすめゲーミングPC

大まかに購入すべきゲーミングPCのイメージが固まりましたか?上記の条件に合うゲーミングPCをご紹介します。

ドスパラ ガレリア XF

大本命です。というかこれ以外考えられないレベルでコスパ抜群です。さすがはドスパラで売れ筋ランキング2位のゲーミングPCです。

初期構成だとまだまだ20万円に余裕があるのでいくつかカスタマイズしましょう。まずはメモリを16GBに、電源ユニットを700Wに、さらにCPUファンを高性能にすることもできます。20万円以内の予算なら最強のデスクトップです。

チェック! >> ガレリア XFのスペックはこちら

ドスパラ ガレリア SF

対抗馬はスリムな小型ゲーミングPCです。同じくGTX1070を搭載したハイスペックゲーミングPCです。ここまで小型なデスクトップゲーミングPCはドスパラにしかないので本当におすすめです。

しかも安い!同じようにメモリを中心にカスタマイズする余裕があります。冷却重視でCPUグリスも熱伝導率の高い高級品に変更しましょう。どこにでもすっぽり収まるサイズを求めているならこちらにしましょう。

チェック! >> ガレリア SFのスペックはこちら

G-TuneのGTX1060ノート

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする