おすすめのオーバーウォッチ用ゲーミングPC

海外だけでなく日本でもプロゲーマーがどんどん生まれているオーバーウォッチ。その凄まじい人気が留まるところを知りません。間違いなく今一番盛り上がっているFPSタイトルです。

これからオーバーウォッチをPCでプレイしようとする人もいるでしょうし、現在オーバーウォッチをプレイしていて新しいゲーミングPCに買い換えようとする人もいるでしょう。

ではオーバーウォッチで勝つためにはどんなスペックのゲーミングPCが必要かご紹介します。

オーバーウォッチ推奨スペックはやや高め

パーツ 推奨スペック
OS Windows 7/8/10 64bit
CPU Intel Core i5以上
メモリ 6GB
グラフィックボードリ NVIDIA GeForce GTX660以上

オーバーウォッチ公式サイトに掲載されている推奨スペックは上記のとおりです。最新FPSの割には随分と軽い推奨スペックです。

特にグラフィックボードはGTX970以上が当たり前なのに、二世代前のGTX660が指定されていますから、現在販売されているゲーミングPCならどれでもサクサクになる計算です。

オーバーウォッチで144fps以上出せるスペック

しかしながらオーバーウォッチで勝つためには144fps以上出したいところです。144Hz対応液晶モニターを使って、144fps以上で安定させるのは上級プレイヤーには常識です。プロゲーマー全員がそういう環境でプレイしています。

また、オーバーウォッチの画質設定は「低」「中」「高」「ウルトラ」「エピック」の5段階あり、敵が見やすいのは高画質以上だと感じます。

そして高画質以上で144fps出すためにはGTX1060が必要です。ウルトラやエピックにするならGTX1070がおすすめです。さすがにGTX1080が必要なゲームではありません。画質によって大幅にフレームレートが上下することは覚えておきましょう。

オーバーウォッチにおすすめのゲーミングPC

ドスパラ ガレリア XT

ドスパラで最も売れているデスクトップゲーミングPCです。私の周りでもオーバーウォッチ用ゲーミングPCとしてこのモデルを購入した人が何人もいます。

GTX1060搭載モデルならとりあえずこれを選んでおけば間違いありません。ちなみにG-TuneはGTX1060 3GBで、GTX1060 6GBよりも10%性能が低いので、GTX1060にするなら絶対にドスパラのほうがおすすめです。

ドスパラ ガレリア ZF

「オーバーウォッチを本気でプレイしたい」「動画編集や配信もしたい」と思うなら、断然こちらのほうがおすすめです。まずGTX1070はGTX1060よりも40%くらい高性能ですから、ゲームのヌルヌル感に大きな差が出ます。

そしてCPUも高性能で人気なタイプです。特に動画編集をする人からの評価が高く、最新ゲーム用にPCを自作する人はだいたいこのCPUを選んでいます。

G-Tune NEXTGEAR-NOTE i5530SA1

ノートPCでオーバーウォッチをプレイするならGTX1060かGTX1070搭載モデルがおすすめです。GTX900Mシリーズはおすすめしません。GTX10シリーズならデスクトップ用グラフィックボードとほとんど性能差がないからです。

このモデルはGTX1060 6GB、Core i7、メモリ16GBですから、オーバーウォッチ推奨スペックを軽々クリアしています。しかも意外と安いですよね。G-Tuneは他にもゲーミングノートPCが充実しているので要チェックです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする