ゲーミングPCはノートよりもデスクトップがおすすめな理由

初めてゲーミングPCを買う際に、デスクトップではなくノートPCを選ぶ人ってたくさんいるそうです。でも私はノートPCではなくデスクトップをおすすめします。どちらか迷っている人は以下の違いを参考にしてください。

デスクトップのほうがコスパがいい

デスクトップゲーミングPCをおすすめする最大の理由がコスパです。ここで言うコスパは性能に対する性能です。GTX10シリーズになってデスクトップとノートの性能差はほとんどなくなりましたが、価格差は依然として存在します。

例えばGTX1080搭載のデスクトップとノートPCの価格を比較してみましょう。GTX1080搭載デスクトップは20万円以下で購入できます。最安値だと17万円台もあります。

一方、GTX1080搭載ノートPCは30万円以上するのが当たり前です。デスクトップとスペックを揃えようと思ったら35万円は覚悟してください。となると15万円以上の価格差があります。見逃せないコスパの違いではないでしょうか。

ノートPCは液晶モニターを選べない

ノートPCには液晶モニターが搭載されています。デスクトップには液晶モニターがないので、ノートPCのほうがお得感があると思うかもしれません。でもゲーミングノートPCは3万円も出せば高性能なものが購入できるので、それでもまだデスクトップのほうがコスパがいいのです。

また、ノートPCの液晶モニターはサイズが小さいデメリットがあります。小型なものだと13インチ、人気なもので15インチ、最大でも17インチです。

13インチは確かに持ち運びに適したサイズですが、画面が小さくて作業がしにくいだけでなく、ゲームもしづらいです。特にFPSだと敵の表示が細かすぎて狙いにくかったり、MMORPGではチャットの文字が読みにくかったりします。

デスクトップ用液晶モニターなら23インチ前後が人気です。正直それに慣れていると17インチですら小さく感じます。ノートPCから外部液晶モニターに映像出力するという手もありますが、それなら最初からデスクトップを購入したほうがコスパがいいですよね。

デスクトップゲーミングPC用の液晶モニターを購入予定でしたら「ゲーミングディスプレイ(液晶モニター)の選び方」の記事もご覧ください。

デスクトップはゲーミングキーボードを選べる

液晶モニターと同様にキーボードの選択肢にも違いがあります。ノートPCは搭載されているものを使うのが基本です。でもデスクトップならメカニカルのタイプやマクロキーが搭載されているもの等、様々な種類から自分に合ったものを選べます。

ゲーミングキーボードは打鍵が心地良いだけでなく耐久性も抜群です。ゲームでマクロキーを活用するとプレイのしやすさが劇的に変わります。

液晶モニターやキーボードだけでなくサウンドカード等、その他デバイスもデスクトップのほうが万能に使えます。カスタマイズ性だってデスクトップのほうが上です。

小型なデスクトップゲーミングPCもある

持ち運ばないのにゲーミングノートPCを選んだ人に理由を聞いてみると「部屋が狭いから」なんて回答が返ってきます。デスクトップよりノートPCのほうが場所を取らないのは確かでしょう。

ただ、「ゲーミングPCのPCケースの選び方」で解説したように今はノートPCに匹敵するレベルの小型デスクトップもあります。特におすすめなのがドスパラのデスクトップです。スリム型なので置き場所に困ることはありません液晶モニターの後ろにでも置いておけばいいのです。

しかも小型なのにハイスペックです。最高性能グラフィックボードを搭載したモデルまで用意されています。だから自宅でメインで使うならゲーミングノートPCをわざわざ選ぶ必要ってありません。絶対にデスクトップのほうがいいです。

まとめ

ほとんど持ち運ばないならノートPCよりデスクトップのほうがおすすめです。これらの違いを覚悟してノートPCを選ぶなら仕方がありません。なんとなくゲーミングノートPCにするのではなく、明確な用途がある人だけノートPCを選んでください。

最終結論! ゲーミングPCおすすめランキング 2017年版

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする