グラボを複数枚!おすすめのSLI ゲーミングPC

グラフィックボードは1枚だけでなく2枚以上搭載することが可能です。2枚以上搭載することで1枚では決して不可能な超絶性能を引き出すことができます。

このようにグラフィックボードを2枚以上搭載する技術をSLIやCrossFireXと呼びます。SLIはNVIDIA GeForce、CrossFireXはAMD Radeonの技術です。

グラボをSLIにできる条件

「へー、グラフィックボードを2枚搭載すればパワーアップできるのか。じゃあ自分のゲーミングPCにもう1枚グラボを追加してみよう!」と思うのはまだ早いです。というか危険です。

なぜならSLIにできる条件があるからです。まずグラフィックボードを挿せる拡張スロットが空いていること、そしてスペースが空いていること。また、SLI対応のチップセットが採用されていること等も大切です。

もう1つ気を付けたいのがゲーム側です。SLIにすることでグラフィック性能は格段に向上しますが、そもそもゲームがSLIに対応していなければ何の意味もありません。ただ、新しくて重いゲームはSLIに対応していることが多いです。

ミドルスペックのSLIはおすすめしません

ハイエンドグラフィックボードを1枚か、それともミドルスペックグラフィックボードを2枚にするか・・・と迷う人がいるかもしれません。私ならハイエンドグラフィックボード1枚を選びます。

まず上記の通りSLIにするための条件がやや面倒です。またゲーミングPC内部にグラフィックボードという熱源が増え、消費電力も増えることも問題です。

両者の性能が同じだったとしてお、消費電力やゲーミングPC全体への負荷はグラフィックボード1枚のほうが遥かに小さいので、無闇に2枚にするのはおすすめしません。

例えばGTX1060 SLIよりGTX1080 1枚のほうがおすすめ、という意味です。GTX1080 SLIなら1枚では出せない性能を発揮してくれるので大きな意味があります。

おすすめのSLI ゲーミングPC

自分でSLIにするには消費電力計算などが面倒なので、きちんと設計してくれているBTOのゲーミングPCのほうがおすすめです。いくつか見つかったのでご紹介します。

ドスパラ ガレリア ZG-SLI

SLI ゲーミングPCでおすすめしたいのがドスパラのGTX1080 SLIモデルです。GTX1080が1枚よりも70%くらいハイスペックで、TITAN Xをも遥かに凌駕しています。

それなのに30万円台で購入できるのでTITAN X搭載ゲーミングPCを買うよりもずっとお得です。コスパ面で最強なので、SLIのゲーミングPCを買うならこれがベストです。

G-Tune MASTERPIECE i1720PA1-SP

ゲーミングPCという規模を越えているような気がしますが、GTX1080Ti SLIなんてものもあります。使い道がないかといえばそんなことはなく、例えば最新ゲームを4Kでプレイしたいなら大活躍してくれます。

CPUやメモリもハイエンドクラスなので、ゲーム用途以外にもゲーム開発や爆速エンコードなどにも活用できます。でもあまりにも高額ですから、ゲーミングPCとして購入するならGTX1080 SLIのほうがおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする