持ち運び可能なデスクトップゲーミングPC

デスクトップ用は自宅用、ノートPCは持ち運び用。これはもう常識です。しかしデスクトップを持ち運びたいと思うこともあります。

例えばゲームのオフラインイベントや大会です。ノートPCだと画面が小さいのでデスクトップでイベントを開催するのが普通です。大きな大会だと必ずデスクトップが使用されています。今はイースクのような会場を利用するのが普通ですが、自分でデスクトップを持ち寄るような時代もありました。(本当にありました。今でもデスクトップは持ち寄り、液晶モニターは貸し出しなんてイベントもあります)

あるいは友達の家にゲーム仲間が集まって楽しむこともあるでしょう。さすがにゲーミングノートPCを持ち寄るのがほとんどでしょうけど、FPSならデスクトップにしたいですよね。

ポイントは2つ!重さと持ち運びやすさ

そもそもデスクトップゲーミングPCを持っていくことなんて可能でしょうか?車なら可能でしょう。でも電車ならなかなか厳しいことが想像に難くありません。ミドルタワー、フルタワーを持っていくのは現実的ではありません。

でも小型デスクトップゲーミングPCなら大丈夫です。そのまま持っていったり、リュックサックに入れていったりすることができるくらいのサイズが存在します。

とはいえ小型デスクトップならなんでもいいわけではありません。ポイントは2つで、重さと持ち運びやすさです。少なくとも片方、できれば両方の条件を満たしたデスクトップゲーミングPCがおすすめです。

持ち運びやすさを重視したLITTLEGEAR

G-TuneにはLITTLEGEARシリーズというデスクトップゲーミングPCがあります。小型ゲーミングPCのなかでも持ち運びやすさを重視した形状をしています。

上部に取っ手が付いているので、その部分を片手でガシッと掴めば簡単に持ち運べます。滑りにくい加工がしてあるので本当に片手てすいっと持ち上げられます。そのためゲームの大会に限らず、パソコンを使用するあらゆるイベントで採用されているデスクトップです。

チェック! >> LITTLEGEARシリーズ一覧はこちら

小さい!薄い!軽い!バッグで持ち運べるガレリア Sシリーズ

LITTLEGEARよりさらに小さくて軽量なのがドスパラのガレリア Sシリーズです。幅が10cm程度しかなく、リュックサックに用意に収まるサイズです。

これだけ小型なのにもかかわらずGTX1050搭載モデルからハイスペックなGTX1080搭載モデルまで揃っているので、あらゆる用途に対応できるの魅力です。

重さはたったの約7.2kgです。普通のデスクトップゲーミングPCの半分くらいの重さしかありません。これなら本当に簡単に持ち運べるので、どこかに持っていきたいと思うならこのゲーミングPCが一番おすすめです。

チェック! >> ガレリア Sシリーズ一覧はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする