最安値!おすすめのGeForce GTX1050搭載ゲーミングPC

安いゲーミングPCが欲しい場合、最有力候補になるグラフィックボードがGeForce GTX1050 2GBです。どのBTOメーカーでも2017年は最安値のゲーミングPCに必ずGTX1050が搭載されています。

安いものだと10万円以下ですから予算が少ない人には嬉しい選択肢でしょう。でも同時に気になるのは性能ですよね。他のグラフィックボードに比べてGTX1050はどれくらいの性能なのでしょうか。

GTX1050と他のグラフィックボードの性能を比較

グラフィックボードとゲーミングPCの性能を計測するのに便利な3DMARK FireStrikeのスコアを参考にします。4Gamerで以下のスコアが出ていました。

グラフィックボード ベンチマークスコア
GTX1050 6130
GTX1050Ti 6697
GTX1060 6GB 10861

GTX1050とGTX1050Tiの性能差はわずかです。10%以内に収まっています。しかしGTX1060 6GBとの開きは大きいです。2倍とまではいかないものの、それに近い性能差があります。

ゲーミングPCの価格差を考慮するとGTX1050とGTX1050Tiは納得できますが、GTX1060のほうがずっとコスパが良いことに気付きます。コスパを重視するならGTX1060、最安値がいいならGTX1050がおすすめです。GTX1050Tiは中途半端な存在に思えます。

ただし結局のところどんなゲームを遊ぶかによります。GTX1050でも軽いゲームなら快適です。少なくともFF14くらいまでの重さのゲームなら標準画質でサクサクです。一方で最新ゲームをプレイするには性能不足です。推奨スペックにも足りていません。

おすすめのGeForce GTX1050搭載ゲーミングPC

ここまで読んで「自分にはGTX1050搭載ゲーミングPCがぴったりだ!」と思う人に、おすすめのデスクトップをご紹介します。

ドスパラ ガレリア DC

ドスパラにはとんでもなく激安なGTX1050搭載ゲーミングPCがあります。G-Tuneだと8万円台が限界なのに、ドスパラは6万円台です。こんなに安いゲーミングPCを見たのは生まれて初めてです。

とはいえCPUはCore i3、メモリは4GBと本当に軽いゲームしか遊べません。例えば3Dゲームの中でも特に軽いドラクエ10やMHFが対象になります。

G-Tune NEXTGEAR-MICRO im570BA8-TV

G-Tuneで最安値のゲーミングPCです。上記の通り8万円台です。ドスパラよりもスペックが良く、Core i5にメモリ8GBとゲーミングPCで人気のパーツ構成です。

これなら推奨スペックがメモリ8GBのゲームも遊べます。ストレージ容量も多くて嬉しいのですが、SSDが入っていないのだけは不満です。240GB SSDの追加をおすすめします。

ドスパラ ガレリア SS

GTX1050搭載ゲーミングPCで小型なのがこれです。日本では一番小型なゲーミングPCです。小型だからスペックが低いのでは?と思うかもしれませんが意外と高性能です。

Core i5、メモリ8GB、さらにSSDとHDDの組み合わせです。これで約10万円とは衝撃です。軽いゲームをしたくて、省スペース性も重視したい人には最強におすすめのゲーミングPCです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする