予算40万円のおすすめゲーミングPC

予算30万円から35万円を飛ばして40万円にたどり着きました。なぜ35万円のおすすめゲーミングPCを紹介しないかというと、30万円を超えた段階で10万円単位で価格がポンポン上がっていくからです。

というのも30万円以上のゲーミングPCに搭載されているCPUとグラフィックボードはどれも最高級クラスになり、非常に高額です。もちろん35万円のものもあるのですが少ないため、40万円の予算で考えたほうが幅が広がります。

40万円の予算配分

他の記事と同様に消費税と配送料込みの価格を計算します。どのパーツを優先するかとしっかり考えておかないと微妙なスペックを高額で買うことになるのでご注意ください。

グラフィックボードはGTX1080 SLIかTITAN X

いよいよハイエンドの領域に入りました。GTX10シリーズのシングルコアグラフィックボードだとGTX1080が最強です。それを越えるのがGTX1080 SLIとTITAN Xです。

GTX1080 SLIとはGTX1080を2枚搭載することを意味します。2枚だから性能2倍というわけではなく、実際には1.5倍くらいに落ち着きます。3DMARK FireStrikeのベンチマークを比較してみましょう。

  • GTX1080 8GB 17500
  • GTX1080 8GB SLI 25500
  • TITAN X 12GB 22000

GTX1080が1枚よりも格段にハイスペックだとわかります。ここまで高性能になると5年は余裕、8年くらい使えるスペックだと思います。もう1つ付け加えるとTITAN XよりGTX1080 SLIのほうが安いことが多いので、40万円の予算ならGTX1080 SLIがおすすめです

しかしSLIが対応していないゲームもあります。特に古いゲームは対応していません。新しいゲームはほとんどSLI対応なので1920×1080より4倍高画質な4Kの解像度でゲームを楽しめます。

CPUはCore i7-7700KかCore i7-6800K

CPUは最新のCore i7-7700Kか1つ前のCore i7-6800Kの二択です。Core i7-7700Kが4コア8スレッドで、Core i7-6800Kが6コア12スレッドです。そして後者のほうがかなり高額です。

グラフィック性能を重視してグラボにお金をかけるならCore i7-7700K、グラボを少し妥協してもいいならCore i7-6800Kにしましょう。ただ、やはりゲーミングPCはゲーム用途がメインですから、前者のほうをおすすめしたいです。

メモリは16GBか32GB

ハイエンドゲーミングPCといえども、メモリは16GBが基本になっているデスクトップが多いです。でもハイエンドなのに16GBなのはちょっと勿体無い気もします。

デュアルチャネルでの運用とするなら8GBx2よりも最初から16GBx2、あるいは8GBx4のクアッドチャネルにしておきたいです。40万円に収まるかどうかは微妙ですが、32GBをおすすめします。予算オーバーなら16GBにしておいて、そのうち自分で増設しましょう。

ストレージは500GB SSD + 3TB HDD以上

ここまで高額になるとストレージの基本構成に違いはほぼ出ません。予算30万円のゲーミングPCと一緒です。でもカスタマイズで容量を増やしたり、速度を向上させたり、ドライブと追加することが可能です。

優先すべきはHDDよりもSSDです。500GB SSDの容量を1TBに増やすか、SATA SSDからNVMe SSDにして爆速にするかが考えられます。SATA SSDが500MB/sだとするとNVMe SSDは2200MB/sなので変更する価値があります。この辺りはもう好みの問題です。

40万円のおすすめゲーミングPC

40万円の予算配分が決まったところで、おすすめのゲーミングPCを3つご紹介します。

ドスパラ ガレリア ZG-SLI

最強におすすめなのがGTX1080 SLIのゲーミングPCです。グラフィック性能に関しては間違いなく最上級です。ベンチマークを計測したら上位1%に入るレベルです。まさに究極のゲーミングPCです。

しかもここまでハイエンドなのに激安です。初期構成なら35万円以内で買えます。CPUがCore i7-7700Kなのが要因でしょう。だからメモリを32GBにして、SSDを1TBに変更してもまだ40万円以下です。

チェック! >> ガレリア ZG-SLIのスペックはこちら

G-Tune NEXTGEAR i850PA8

対抗馬はG-TuneのTITAN X搭載ゲーミングPCです。ドスパラだと似たようなパーツ構成のデスクトップが50万円を遥かに越えています。しかしG-Tuneなら40万円ぴったりくらいです。

しかもメモリは最初から32GB、CPUはコア数の多いCore i7-6800Kです。グラフィック性能はやや劣りますが、シングルコアにしか対応していないゲームでは最強性能なのでかなりおすすめです。

チェック! >> NEXTGEAR i850PA8のスペックはこちら

G-Tune NEXTGEAR-NOTE i7901BA1

40万円の予算でゲーミングノートPCを探しているならG-Tune以外考えられません。なぜならG-TuneにはGTX1080搭載の最強ノートPCがあるからです。(ドスパラにもパソコン工房にもありません)

GTX1080だけでなくCPUがデスクトップ用のCore i7-7700Kなんですよ。ノートPCってCPUが貧弱で足を引っ張ることが多いので、これなら最新ゲームでもグラフィックボードの性能をフルに発揮できます。実際に触ったことがあるのですが「ノートがここまで来たか・・・」と本当に感動しました。

チェック! >> NEXTGEAR-NOTE i7901BA1のスペックはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする